日本図学会 > 『図学研究』投稿の手順5 論文等の査読結果について

『図学研究』投稿の手順5 論文等の査読結果について

査読の完了

査読は通常1ヶ月ほどを要します。
査読者全員(研究論文の場合は査読者2名、それ以外は1名)から査読結果が編集委員会に送られてきたら、編集委員会ではその結果を著者にお知らせします。

査読の結果の種類

査読結果には以下の種類があります。
採録 投稿された論文等をそのまま採用します。 
条件付き採録 若干の修正が必要です。通常、査読者の修正意見が著者に伝達されます。
著者は査読者の修正意見をもとに、修正を行ってください。
修正完了後、修正済みの原稿を期限までに提出してください。
修正済み原稿は編集委員会において修正箇所・内容を検討した後、編集委員会において採録か、再度の修正かを決定します。
修正後査読 内容などの問題から、そのままでは採録とすることができません。
査読者の意見が著者に伝達されますので、著者は内容を再検討し、修正を行ってください。
修正完了後、修正済みの原稿を期限までに提出してください。
編集委員会では修正済みの原稿を再度同じ査読者に送付し、査読を行ってもらいます。
不採録 採録されませんでした。
結果と理由が著者に伝達されます。

条件付採録・修正後査読の場合

修正した原稿を再提出する場合は、査読者からの意見に対してどこをどのように修正したのかを明確に記述したpdfファイルを作成して、「修正内容の説明文」としてアップロードしてください。
 
査読者意見 A1
xxxページ15行目『△△△△△ は □□□□ である』と書かれているが、『△△△△△ は □○□○□ である』の誤記ではないのか?
 
著者回答
誤記でした。ここを『□△△□□』と修正しました。
 
査読者意見 A2
xxxページ20行目『○○○○○ の □x□x□x□ について』と書かれているが、文脈として不要ではないか?
 
著者回答
この部分はxxxページ△△行目の文章を受けており、省略すると前後の文脈が不明確になると思います。別途xxxページ目○○行目を 修正しているので、この部分はそのまま維持したいと思います。
 
なお、稀ではありますが、文脈等を査読者が誤解している場合があります。必要に応じて著者からの回答において誤解を解消するなどの対処が必要です。
 

不採録の場合

査読者からの意見をお送りしますので、御検討ください。
一度不採録となった論文等は同じ内容では再提出できません。 大幅な修正を行って、新規に投稿することは可能です。  
 
修正論文の再投稿はこちらへ