日本図学会 > 日本図学会賞

日本図学会賞

図学に関する研究の振興をはかるため、以下の項目のいずれかに該当する会員に対し、しかるべき選考を経て、日本図学会賞を授与しています。
  1. 図学研究または他の学術誌に論文を掲載するか、もしくは著書をあらわし、図学の研究に著しい貢献をしたもの。
  2. 図学に関係するすぐれた新製品を開発したもの。
  3. そのほか図学に関係するすぐれた業績をあげたもの。
授賞年度受賞年月日受賞者 所属(受賞当時)業績
20152016/5/14鈴木 広隆 神戸大学光と形態の相互関係に着目した研究・教育・普及啓発活動
20142015/5/9辻合 秀一 富山大学プログラミングの可視化教育に関する研究
2013
-
20122013/5/11村松 俊夫 山梨大学幾何学から発想される立体造形の研究
2011
-
20102011/5/14荒木 勉 筑波技術大学聴覚障害者に適したCAD教育の開発・実践に関する研究
2009
-
20082009/5/9鈴木 賢次郎 大学評価・学位授与機構グラフィックス・リテラシー教育の開発
2007
-
20062007/5/12三谷 純 筑波大学ペーパークラフトと折り紙の幾何学に関する研究
20052006/5/13面出 和子 女子美術大学絵画空間の図学的分析とその教育への応用
2004
-
2003
-
20022003/5/10平野 重雄 武蔵工業大学機械系設計製図教育に関する実践的研究
20012002/5/11阿部 浩和 大阪大学建築空間の図的表現法と空間把握の関連に関する研究
20002001/5/12加藤 道夫 東京大学建築設計における図の使用法に関する研究
1999
-
19981999/5/8渕上 季代絵 東京工科大学造形芸術分野におけるコンピュータ教育およびかたちの生成に関する一連の研究
19971998/5/8井野 智 北海道大学
1996
-
19951996/5/11梶山 喜一郎 福岡大学読図過程の解析と教授システムへの応用に関する研究
19941995/5/13鹿島 享 国立音楽大学造形芸術に表現された楽器に関する図学的研究
19931994/8/18堤 江美子 大妻女子大学人体形状のモデル化・類型化とその被服設計への応用
19921993/5/15吉田 勝行 大阪大学電算機による形態の構成と視覚化に関する研究
19911992/5/16岩井 実 青山学院大学一連の図学の研究と長年にわたる図学教育に対する功績
19911992/5/16磯田 浩 大妻女子大学一連の図学の研究と長年にわたる図学教育に対する功績
19901991/5/11中村 貞男 大阪大学図学的方法の形態構成への適用に関する研究
19891990/7/28長島 忍 東京大学図学教育へのコンピュータ・グラフィックス導入に関する研究
19881989/5/13鈴木 賢次郎 東京大学図学教育へのCG導入についての研究と普及
1987
-
19861987/5/9小高 直樹 日本航空株式会社射影写像による透視図合成に関する一連の研究
19861987/5/9木村 文彦 東京大学
近藤 邦雄 名古屋大学
インタラクティブレンダリングによる形状表現に関する一連の研究
1985
-
19841985/5/11竹山 和彦 神戸大学投影図法の尺度に関する研究
19831984/5/12太田 英一 千葉工業大学
南 和一郎 千葉工業大学
透視図法ならびに透視図製図機械に関する一連の研究
19821983/5/15長江 貞彦 大阪府立大学図形情報処理における応用的研究
19811982/5/15宮崎 興二 神戸大学多面体と建築計画に関する研究
19801981/5/10小山 清男 東京芸術大学絵画に対する図学的研究
19791980/5/11村上 晋一 神戸大学視空間写像に関する研究
1978
-
1977
-
19761977/5/21増田 祥三 大阪大学透視図射影尺に関する研究およびオーストリア図学界との交流,文献収集と紹介
19751976/5/15田嶋 太郎 名古屋大学コンピュータ図学に関する一連の研究
19741975/5/10原 正敏 北海道大学日本の図学教育の初期に於ける沿革に関する一連の研究
19741975/5/10小高 司郎 神戸大学軸測投象に関する一連の研究