日本図学会 > 大会 > 2016年度春季大会

2016年度春季大会

2018年度 日本図学会春季大会(名古屋)のご案内

2018年度日本図学会春季大会を,名古屋市にある中部大学三浦記念会館(名古屋キャンパス)にて開催いたします. JR中央本線で名古屋駅から金山駅の次の駅・鶴舞駅に隣接した会場です.中部国際空港からも,名鉄常滑線経由の金山駅乗りかえで非常に便利です.
鶴舞駅をはさんで鶴舞(つるま)公園があります.新緑の鮮やかな頃,盛りは過ぎているかもしれない躑躅の花,咲き始めの薔薇の花なども楽しめると思います.難しい講演聴講で疲れた心身をリフレッシュしてください.
 全国からのご多数のご参加をお待ちしております.
 
更新情報
2018/2/27 講演発表申込締切を延長しました。
2018/1/29 秋季大会のご案内を掲載しました。
 

1 .開催日

2018年5月12日(土)~13日(日)
 

2 .場所

中部大学三浦記念会館(名古屋キャンパス)
〒460-0012 愛知県名古屋市中区千代田5-14-22
TEL : 052-241-3300
FAX : 052-261-9641
 

3.交通アクセス

JR中央本線「鶴舞」駅名大病院口(北口)下車すぐ
地下鉄鶴舞線「鶴舞」駅下車,北へ約100メートル
※駐車場はございませんので公共交通機関をご利用ください
URL : https://www3.chubu.ac.jp/about/location/
 

4.大会スケジュール

 
5月12日(土)
10:00〜10:30 受付
10:30〜11:30 総会
11:30〜11:50 写真撮影
11:50〜13:00 理事会(昼食)
13:00〜14:20 学術講演(4件×2)
14:20〜14:40 休憩
14:40〜16:00 学術講演(4件×1,3件×1)
16:00~16:20 休憩
16:20~17:20 学術講演(3件×2)
17:20〜18:30 移動
18:30〜20:30 懇親会
 
5月13日(日)
13:00〜16:00 図学教育研究会・デジタルモデリング研究会
 

5.講演発表

5.1 募集分野
図学論/設計論/造形論/平面幾何学/空間幾何学/応用幾何学/形態構成/CG/形状処理/画像処理/CAD・CADD/図学教育/設計・製図教育/造形教育/教育評価/空間認識/図学史
5.2 講演論文投稿日程
講演発表申込締切 :
 2018 年 3 月 5 日(月)正午必着 ←延長しました
講演発表原稿締切 :
 2018 年 3 月 26 日(月)正午必着
執筆要領:
 |WORDファイルPDFファイル
 
5.3 発表申込方法
以下の内容を記述した電子メールをお送り下さい
内容:
表題
著者(著者全員とその所属)
概要(200字程度)
分類(図学論/設計論/造形論/平面幾何学/空間幾何学/応用幾何学/形態構成/CG/形状処理/画像処理/CAD・CADD/図学教育/設計・製図教育/造形教育/教育評価/空間認識/図学史)※←いずれか一つを選んで残りを消してください
発表者(講演者)
発表者が大会開催時1日目に35歳以下で(ある,ない)※←どちらかを消してください
連絡担当者の氏名,所属,住所,電話/FAX,電子メールアドレス

送付方法:
電子メールで conf2018sp[at]graphicscience.jp ([at]はアットマーク)へ,
件名を【2018年度春季大会発表申込(発表者氏名)】としてお送りください.
申込受領後,1週間以内に受領通知とともに執筆要領を電子メールにてお送りいたします.
お申込みから1週間以内に受領通知が届かない場合は,郵便またはFAXにて日本図学会事務局までご連絡ください.
 
5.4 講演発表時間と発表機器
例年通り発表時間は,質疑応答を含め約20分とします.講演発表件数によって若干の増減があります.また,発表機器は液晶プロジェクタのみといたします.
 
5.5 講演論文集
講演原稿を印刷・製本して「日本図学会学術講演論文集/2018年度春季大会(名古屋)」といたします.講演論文はWebにより投稿をしていただきます.詳細は,申込をしていただいた方にプログラム委員会よりお知らせします.なお,論文集への掲載料として,講演発表5,000円/1件を負担していただきます.
 
5.6 優秀研究発表賞・研究奨励賞
発表者を対象に,優れた研究発表をされた方を選考し,優秀研究発表賞として後日表彰します.また,35歳以下の若手研究者を対象に(過去に受賞された方を除く),優れた研究発表をされた方を選考し,研究奨励賞として後日表彰します.

 

6.参加費

一般:会員 6,000円
    非会員 10,000円(講演論文集代を含む)
学部生および修士課程大学院生(社会人含む):無料(講演論文集は別売り1,000円となります)
 

7.懇親会

日時:2018年5月12日(土)18:30 – 20:30
場所:サッポロビール名古屋ビール園 浩養園〈こうようえん〉(愛知県名古屋市千種区千種2丁目24−10)
懇親会会費: 6,000円(予定)
※大会参加申込時に予約必要
 

8.学術講演プログラム

 
5月14日(土)

セッション1:CAD,平面幾何 (13:00〜14:20)
座長:安藤直見(法政大学)
1)
 
コーラとしての建築へ ―ル・コルビュジエの《国立西洋美術館》―
加藤道夫(東京大学)
2)
 
集合住宅の構成が群造形の認識に及ぼす影響について
藤田雄大・小池博・井原徹(近畿大学)
3) 正方向光線追跡法による採光装置の性能評価に関する研究
鈴木広隆(神戸大学)・菅野普(旭化成ケミカルズ(株))・伊藤大輔(ものつくり大学)
4) 地震発災時における人の通行可能空間の可視化手法に関する基礎的検討 ―既存の道路閉塞シミュレーションと比較して―
榊愛・嶋岡亮成・高嶋佑典(摂南大学)
5) 大名を丘に
浪小那都・金子哲大(近畿大学)
6) 少年時代の建築をめざして ―建築家アルド・ロッシのドローイングにおける表象分析―
片桐悠自(東京大学)


セッション2:教育(第2講演室/13:30-15:10)
座長:森田克己(札幌大谷大学)
7) Peer Reviewを取り入れた大学1年生向け3D-CG制作授業について
佐藤尚(神奈川工科大学)
8) ロールプレイ型グループ学習を用いたWebデザイン教育に関する一考察
冨永哲貴・森真幸・ 飯田尚紀・ 廣瀬健一(産業技術短期大学)
9) アナグリフとScratchを用いた立体視コンテンツ教育
辻合秀一(富山大学)
10) HMDを装着してゲームを作成した学生の報告
山島一浩(筑波学院大学)
11) ピクトグラムを使用した博物館のスマートフォン用解説支援webサイトの研究
井堰絵里佳・伏見清香(広島国際学院大学)


セッション3:表現・図形情報(第1講演室/15:40-17:20)
座長:辻合秀一(富山大学)
12) 映画に描かれた中世ゴシック ―天空への飛翔―
安藤直見(法政大学)
13) 構造化シナリオを用いた映像カラータイムラインの可視化
戀津魁・三上浩司・近藤邦雄(東京工科大学)
14) ドローイングソフトにおける質感を通じた情報提供
定国伸吾(広島国際学院大学)
15) ゲームの「Narrative Experience」を向上させる研究
今間俊博・金友直樹・後藤信人(首都大学東京)
16) イメージをこえてヴィジュアルリテラシーを考える
茂登山清文・遠藤麻里(名古屋大学)


セッション4:立体・造形(第2講演室/15:20-17:20)
座長:安福健祐(大阪大学)
17) 折り紙行灯に対する日本人とデンマーク人の印象評価の違いに関する考察
岡村淳美・小高直樹・鈴木広隆 (神戸大学)・
Poul Henning KIRKEGAARD・Werner OSTERHAUS (Aarhus University)
18) PCCPシェルと円柱の間に存在する安定なシェル構造の解析 ―その2  3Dスキャナーにより取得したデータを用いた解析-
鈴木広隆(神戸大学)・Poul Henning Kirkegaard(Aarhus University)・
小高直樹 (神戸大学)
19) 滲みのスケッチを利用した空間デザインの試行
島川知蓮・金子哲大(近畿大学)
20) 2次元図面から立体モデルへの自動生成手法
高三徳(いわき明星大学)
21) 日本の技術教育について
坂本勇(大阪産業大学)・佐野浩(新潟経営大学)
22) 複素パラメータによる平面曲線の解析的な延長についてとそのインタラクティブアートへの応用
宮澤篤・中山雅紀・藤代一成(慶應義塾大学)
 

9.参加登録(参加登録をお願いします)

講演発表の方、参加予定の方は、いずれの場合も、必ず、参加登録をお願いいたします。登録フォームは準備が出来次第掲載します.

 

10.出張依頼書

出張依頼書が必要な方は,実行委員会までご相談ください.

 

11.連絡先

2018年度日本図学会春季大会実行委員会([at]はアットマーク)
conf2018sp[at]graphicscience.jp

 

12.宿泊

宿泊施設は各自でお手配ください.
 

実行委員会

委員長 長坂 今夫(中部大学)
委員 雨宮 勇(椙山女大学)
遠藤 潤一(金城学院大学)
奥村 和則(岐阜市立女子短期大学)
川崎 寧史(金沢工業大学)
佐野 浩(新潟経営大学)
辻合 秀一(富山大学)
茂登山 清文(名古屋芸術大学)
横山 弥生(大同大学)
吉田 一誠(金沢学院大学) 
 

プログラム委員会

委員長 遠藤 潤一(金城学院大学)
委員
井堰 絵里佳(広島国際学院大学)
岡田 大爾(広島国際大学)
定國 伸吾(静岡理工科大学)
田中 一郎(東京電機大学)
辻合 秀一(富山大学)
茂木 龍太(首都大学東京)