日本図学会 > 『図学研究』投稿の手順7 採録が決定した論文等の校正について

『図学研究』投稿の手順7 採録が決定した論文等の校正について

査読結果が採録であった場合、または条件付採録で著者修正後に編集委員会が採録決定した場合、提出された原稿は 印刷会社に送られ、印刷工程に入ります。
 
著者から提出されたファイルをもとに『初校』が作られます。初校の段階ですでに『図学研究』に掲載されるのと同じ レイアウト・寸法になっています(掲載ページ番号はこの時点では未定です。仮のページ番号が振られていますが、 他の原稿次第で変わります)。
 
初校は印刷会社より論文の著者に送られます。論文の著者の方は誤字・脱字・レイアウト上の問題などを赤のボールペンで 校正紙に記入してください。記入の終わった初校は速やかに印刷会社に返送してください。通常、初校到着から 中2日で校正を完了して印刷会社にお送り下さい。
返送が遅れると『図学研究』の発行が遅れますので速やかな返送に御協力下さい。
 
初校が印刷会社に届くと、初校の修正内容を元にした『再校』が作られます。再校は著者には送られず、 編集委員会内で初校と照らし合わせて検討が行われます。
 
再校の検討が完了すると『図学研究』の校正は終了です。刷り上った『図学研究』がお手元に届くのをお待ち下さい。